Skip to content

大阪の美容専門学校には通信制の選択肢も

美容師になるためには国家試験を取得しなければならず、美容専門学校に2年以上通学して受験資格を得ることが最もメジャーな方法です。

ただし、3年以上の通信課程を修了する道も準備されています。これは、日本理容美容教育センタ―という団体が行う通信レポートの提出を行うとともに、各美容専門学校などが実施するスクーリングという面接授業をこなす課程です。原則として自宅で学習する方法ですので、働きながら美容師国家試験の受験資格を得ることができます。そして、大阪には通信課程を設置する美容専門学校が意外とたくさん見られます。大阪にて美容専門学校の通信課程を利用するには、原則として中学校さえ卒業していれば応募することができます。

ただし、中卒の方には学力試験や面接試験が課されるのが一般的です。このように、広く門戸が開かれているのが通信課程を利用する大きなメリットです。しかも、通学コースに比べると学費が非常に安価(3年間で70万円前後であることがほとんど)な点も大きな特徴と言えるでしょう。また、雇用保険の加入履歴が2年以上あれば教育訓練給付制度を利用することも可能となります。

注意しなければならない点は、募集要項で受験資格を細かく確認することです。大阪では、通信課程の条件として、美容室で働くスタッフであることを求めている美容専門学校も見られるからです。この通信課程をうまく活用すれば、美容師への夢は簡単に諦める必要がなくなります。例えば、大学や短大で別の分野の勉強をしながら通信課程を利用するWスクールの道も可能ですし、働きながら、あるいは主婦の仕事をこなしながら学ぶこともできます。美容師になりたいという夢に、もう一度チャレンジすることも検討してみてください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *