Skip to content

美容外科ってどんなところ

美容外科とは、自身の容貌のコンプレックスを取り除くことによって生活の質を向上させたいという医師の思いから1978年に診療科として認可されました。

美容外科と形成外科は扱う部位が同じであるためよく混同されますが、形成外科は美容目的ではありません。外傷や熱傷などで傷ついた部位を治療することを目的としています。一方美容外科は、機能的には問題なくても精神的負担の原因となる部分を美的に形成して精神的負担の改善を図ることを目的としています。そのため、形成外科では保険が適用されますが、美容外科の多くでは保険は適用されません。

担当する部位は同じでも本来の目的は全く違うのです。施術内容は、鼻を高くしたり、胸を大きくしたり、二重まぶたにするなど患者の様々な悩みや要望に合わせて行います。最近では簡単にできるプチ整形なども流行しています。しかしながら良く調べずに施術を行うことはトラブルの元となります。トラブルを回避するためには、受診しようとしているクリニックの情報をしっかり確認して、事前のカウンセリングなどで施術方法や施術時間、費用などの説明をきちんと聞くことが大切です。

また美容整形したい部分に関して、イメージを明確して医師に伝えることも重要です。近年では美容整形に対する意識は変わりつつありますが、いぜんとして施術を受けることにネガティブな印象が付きまとっています。ですが自身のコンプレックスを解消して明るく生きることは悪いことではありません。人生を前向きに生きる手段として美容外科があることを覚えておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *